[docker×rails]dockerを使用して、rails6.1の環境構築をしてみよう

とても久しぶりの更新になります!

最近はずっとpythonを勉強していましたが、改めてrailsを少しずつ深ぼっていこうと思います!

今日は、dockerを勉強してみたので、簡単ではありますがrailsの環境構築を行っていきたいと思います!

新しい物好きなので、rails6.1でチャレンジします!

versions
  • ruby 2.6.5
  • rails 6.1.1

ファイルを準備しよう

まずはファイルの準備です。

~$ mkdir docker-rails
~$ cd docker-rails
docker-rails$ touch Dockerfile docker-compose.yml Gemfile Gemfile.lock entrypoint.sh

これで準備は完了です。

Dockerfileを編集しよう

FROM ruby:2.6.5
RUN curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | apt-key add - \
    && echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list \
    && apt-get update -qq \
    && apt-get install -y nodejs yarn \
    && mkdir /docker-rails
WORKDIR /docker-rails
COPY Gemfile /docker-rails/Gemfile
COPY Gemfile.lock /docker-rails/Gemfile.lock
RUN bundle install
COPY . /docker-rails

COPY entrypoint.sh /usr/bin/
RUN chmod +x /usr/bin/entrypoint.sh
ENTRYPOINT ["entrypoint.sh"]
EXPOSE 3000

CMD ["rails", "server", "-b", "0.0.0.0"]

rails6以降は、yarnでjsライブラリを管理するようになったので、curlコマンドの実行によって、yarnをインストールします。

docker-composeファイルを編集しよう

version: '3'
services:
  db:
    image: mysql:8.0
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD:
      MYSQL_USER: root
      MYSQL_PASSWORD: password
      MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: "yes"
    ports:
      - '3306:3306'
    command: --default-authentication-plugin=mysql_native_password
    volumes:
      - mysql-data:/var/lib/mysql
  web:
    build: .
    command: bash -c "rm -f tmp/pids/server.pid && bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'"
    volumes:
      - .:/docker-rails
    ports:
      - "3000:3000"
    depends_on:
      - db
    stdin_open: true
    tty: true
volumes:
  mysql-data:
    driver: local

mysqlのイメージがすでにdocker内に存在するので、それを使用しています。

正直全てを完璧に理解しているわけではないです・・・

Gemfileとentrypoint.shを編集しよう

source 'https://rubygems.org'
gem 'rails'
#!/bin/bash
set -e

# Remove a potentially pre-existing server.pid for Rails.
rm -f /docker-rails/tmp/pids/server.pid

# Then exec the container's main process (what's set as CMD in the Dockerfile).
exec "$@"

これでファイルの編集は完了です。

コマンドを実行してrailsアプリを作成しよう

docker-rails$ docker-compose run web rails new . --force --no-deps --database=mysql --skip-test --webpacker

まずはrails newをしてアプリを作成します。

docker-rails$ docker-compose build

イメージをbuildします。

default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8mb4
  pool: <%= ENV.fetch("RAILS_MAX_THREADS") { 5 } %>
  username: <%= ENV.fetch("MYSQL_USERNAME", "root") %>
  password: 
  host: <%= ENV.fetch("MYSQL_HOST", "db") %>

development:
  <<: *default
  database: docker_rails_development

test:
  <<: *default
  database: docker_rails_test

production:
  <<: *default
  database: docker_rails_production
  username: docker_rails
  password: <%= ENV['MYAPP_DATABASE_PASSWORD'] %>

database.ymlを編集します。

正直ここで躓いたのですが、今回mysqlのパスワードを設定せずに、行おうとしたらエラーが出ました・・・そのエラーが以下です。

Can't connect to MySQL server on 'db' (115)
Couldn't create 'docker_rails_development' database. Please check your configuration.

serverの「db」がないって言われています。

よくよく調べると、docker-compose.ymlに以下の記述を追加したらなおりました。

    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD:
      MYSQL_USER: root
      MYSQL_PASSWORD: password
      MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: "yes" ← ここを追加

最後にDBをcreateしたら完成です!

docker-rails$ docker-compose run web rake db:create
docker-rails$ docker-compose up

参考

【Rails】Rails 6.0 x Docker x MySQLで環境構築