【laravel初学者向け】macでlaravelをインストールするまでの方法を紹介します

今回は、macでのlaravel導入を紹介します。

難しいものではないので、さくっといきましょう。

ついにlaravelの学習にきました!

versions
  • PHP 8.0.0

Homebrewからcomposerをinstallしよう

まずは、Homebrewを使用して、composerをinstallしていきます。

composerとは

PHPのパッケージインストールツールです。

ターミナルに以下のコマンドを入力するだけです。

~$ brew install composer

laravelをinstallしよう

~$ composer create-project laravel/laravel laravel-test --prefer-dist "6.0.*"

今回は、laravelのversion指定をしています。

versionを指定しない場合は、最新のlaravelがinstallされます。

–prefer-distとは

gitなどのversion管理をしないでパッケージをinstallしてくれる

prefer-sourceというオプションは、逆にversion管理も同時にinstallしてくれるらしいです。

まとめ

  • composerはPHPの便利なライブラリをインストールしてくれる
  • prefer-distは、version管理をしない時に使用する

今回の記事は、さくっとの紹介です。

composerで便利なライブラリがあったらまた紹介しますね。

参考

(composer) –prefer-distと–prefer-sourceの違い