【laravel初学者向け】validatorメソッドの使用方法を解説します

今回はvalidatorメソッドを紹介します。

railsはモデルに書きますが、laravelはコントローラーに書くんですね。

versions
  • PHP 7.2
  • laravel 6.0

validatorを記述しよう

    protected function validator(array $data)
    {
        return Validator::make($data, [
            'name' => ['required', 'string', 'max:255'],
            'email' => ['required', 'string', 'email', 'max:255', 'unique:users'],
            'password' => ['required', 'string', 'min:8', 'confirmed'],
            'nickname' => ['required', 'string'],
        ]);
    }

今回は分かりやすく、authを使用してみました。

まとめ

今日は、一旦書き方だけの紹介です。

参考

【laravel】Validatorによるバリデーション