【もう挫折しない!】PHPを独学で学んでいくための3つの注意点を解説します

webアプリの開発で人気の高いプログラミング言語、PHP。一昔前に、ソーシャルゲームの盛り上がりとともに一気にその名を轟かせました。

近年は、人気が衰えているように感じますが、未だにPHPを使用している開発現場は数多くあります。

webアプリの開発はもちろんですが、簡単にwebサイトが作成できるwordpressでPHPが使われていることもあって、PHPを学習されている方も多くいます。

そんなPHPですが、やはり一人で勉強すると挫折する方が多くいるようです。

それもそのはずです。なぜなら、

PHPを勉強すること = PHPだけを勉強する

ではないからです。

PHPの言語特性から考えても、webアプリの作成やwordpressの作成などwebにまつわる基礎的な知識を大前提としているケースがほとんどです。

そのため、PHP初学者は、

あれもこれもやらなきゃ。。。

と思い込んで、挫折してしまいます。

そこで今回は、

  • 何から学習すればいいの?
  • どの教材がいいの?
  • どのくらい勉強すればいいの?

こんな方に向けてPHPを独学で学んでいく際に注意すべき3つのポイントを紹介します。

ぜひ読んでみてください。

1.PHPの学習からスタートしましょう

多くのサイトをみると、HTMLやCSSからの勉強や、web知識からの勉強を推奨しており、何から勉強したら良いか迷ってしまいますよね。

独学の仕方で検索すると、学習する内容が多く圧倒されて挫折してしまう方がほとんどです。

結論から言うと、

PHPの学習をしようと考えているならまずはPHPの学習からスタートするのが一番です。

その理由は以下に集約されます。

PHPの学習をする前に挫折してしまうから

プログラミングは、とても奥の深い技術です。勉強すればするほど分からないことが山のようにあります。

そこで多くの人は、

いつになったら自分の実現したいことができるのだろうか

と不安を抱いて挫折してしまいます。

プログラミングは一朝一夕にできるようになる技術ではありません。

また、これから先何年も自分で考えて勉強していく技術でもあります。

勉強していく中で、何が難しいのかを言語化して、足りないものを勉強していく

このスタイルで勉強すると、できるようになっている自分に気付きながら学習が進められるので、モチベーションの維持につながりやすいです。

2.教材選びは慎重に行いましょう

PHPに限らず、プログラミングを独学する時に最も重要なのことが教材選びです。

難しい教材を選ぶと、最初の1分で挫折します。

自分にあった教材をじっくり選んで見てください。

以下に主な学習教材のメリットデメリットをあげます。

動画学習

メリット

  • 隙間時間に手軽に勉強できる
  • 噛み砕いて説明してくれている
  • プログラミングの楽しさを知れる

デメリット

  • 足りない知識に気付きにくい
  • 自分で作れた気になってしまう
  • 手軽にできるが故に挫折しやすい

簡単にまとめると、動画教材は、プログラミングの入り口には最適な教材と言えるでしょう。世界でも「e-ラーニング」と呼ばれる動画教材が流行っており、手軽にさくっと勉強するには打ってつけです。しかし、その一方で、簡単にできてしまうが故に、プログラミングの技術的な奥深さを知ることは難しいです。

本での学習

メリット

  • 体系的に学ぶことができる
  • 動画教材よりも幅広い知識を吸収できる
  • 辞書的にずっと使用できる

デメリット

  • 内容が硬い
  • プログラミング特有の固有名詞が多くて挫折しやすい
  • アプリケーションが作成できずに、用語や関数の説明で時間が過ぎていく

簡単にまとめると、1から丁寧に学びたい方にとっては打ってつけの教材と言えます。知的好奇心が旺盛な方はぜひ本での学習に取り組んで見てください。しかし、プログラミングの本は、ページ数が300~500を超えるものもあるため、最初はなるべく薄くてやり切れる教材を選ばないとすぐに挫折してしまうでしょう。

3.学習には焦らないこと

PHPはプログラミング言語の中でも、比較的学習がしやすいと言われています。

その理由は以下3つです。

  • 日本語のリファレンスが充実しているから
  • 教材がたくさんあるから
  • 質問できる人が比較的見つかりやすいから

そうとは言っても、やはり習得までには時間がかかるものです。

一般的に1限後の習得までに300~600時間が必要と言われており、web知識も含めると2000時間が必要と言われています。

すでに少し学習している方はお分かりかと思いますが、やってみると一つのアプリケーションを作れるようになるまで、相当な時間を要すると自覚できるでしょう。

どの言語を学ぶにしても相当な時間が必要と自覚した上で、焦らずにしっかり継続していくことが必要です。

まとめ

PHPを独学する上で注意すべき3点を書きました。

  1. PHPの学習からスタートすること
  2. 教材は自分にあったものを慎重に選ぶこと
  3. 学習は焦らないこと

これらを意識して、PHPでプログラムを書けるように頑張っていきましょう。