【vue.js初学者向け】v-bindディレクティブの使い方を紹介します

v-bindは、HTML要素を動的に処理したいときに使用します。

使用方法はとてもシンプル、かつ、よく使用されるものになるので、しっかり学習していきましょう。

実際に使用してみよう

今回は一番シンプルな使用方法になります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <script src="https://unpkg.com/vue@next" defer></script>
  <script src="app.js" defer></script>
  <title>Document</title>
</head>
<body>
  <div id="app">
    <p><a v-bind:href="vuePage">vueのホームページ</a></p>
  </div>
</body>
</html>
Vue.createApp({
    data() {
        return {
            vuePage: 'https://vuejs.org'
        }
    }
}).mount('#app');

data関数を使用して、必要なwebページを返り値として返しています。

まとめ

  • v-bindはHTMLの要素を動的に操作する

参考

Vue – The Complete Guide (w/ Router, Vuex, Composition API)